家族を守るために要チェック!ハザードマップの見方を群馬の地形で解説!

「命を守る行動をしてください!」

災害のたびに、この言葉をニュースで耳にしますが、
命を守るために、どこへ行けば良いのでしょうか?
その答えを示してくれるのが、ハザードマップです。

いざという時に慌てると、自分だけでなく大切な家族まで危険な目に合わせてしまいます。
自然災害は他人事ではありません。
ちょっとでもドキッとした人は、ぜひ最後まで記事を読んでください!

日本のハザードマップは、超高精度です。
反面、情報過多で見づらいとも言えます。
私も初めて読んだときは、かなり苦労しました。
しかし、ポイントを押さえれば、誰でも簡単に使いこなせます。

画像付きで分かりやすく解説しています。
1人でも多くの人が、災害時に迅速に避難できるように!
そんな思いで、ハザードマップの見方をまとめました!

R副委員長
お散歩委員会のR副委員長です。
youtubeでも群馬の魅力を発信しています。

【基本編】ハザードマップの使い方

まずはハザードマップのページに行きましょう。
ハザードマップポータルサイトをクリック!

今回は左側の重ねるハザードマップを使います。

・検索窓に自宅住所を入力
・虫眼鏡マークで検索

この記事では「桐生市役所」を調べてみます。


地図にハザードマップを重ねることが出来ます。
今回は洪水情報を重ねてみましょう。

・左上の「洪水」をクリック


洪水情報が表示され、地図上に色が付きました。
次は詳細な情報を見ていきます。

・「+」をクリック
・駆け足マークをクリック
・地図上で左クリック

桐生市役所の想定浸水深さは、0.5m~3mと分かりました。
選択中の情報を切替えることで、他の情報も見れます。

ここまでは基本的な操作説明でした。
次の応用編では以下の事を紹介します。

・地図をもっと見やすくするには?
・地形の成立ちを知る
・「まとめて検索」機能

【応用編】ハザードマップの使い方


ここからはハザードマップの応用的な使い方を紹介します。

応用編①:地図をもっと見やすくする


このような地図はどうしても見慣れないですよね。
そんな時は、航空写真に切替えをしましょう。

・左下の地図切替えボタンをクリック

・「写真」を選択


地図が航空写真に切替わります。

応用編②:地形の成立ちを知る

ハザードマップを活用することで、地形の成立ちを知ることが出来ます。
地形が分かると何が良いのか?

土地の危険度を知ることが出来るのです。
住んでから危なかったと分かっても、後の祭りです。
災害時、危険な場所に近寄ることも無くなります。

・「地形分類」を選択


「土地の成立ち」と「自然災害リスク」が分かります。

・地形を知りたい個所を左クリック

応用編③:まとめて検索機能

ハザードマップを何回も切替えて調べるのは、
ちょっと面倒くさいですよね。
そんな時は「まとめて検索」を活用しましょう。

・右上の2つ目、「リスク検索」をクリック


自然災害リスクを一覧できます。

・地図上で調べたい場所をクリック

最後に

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。
ハザードマップの見方は分かりましたか?
最後に私から提案があります。

避難所まで「お散歩」をしてみましょう!

地図を見ただけでは、災害時に避難できるか分かりません。
平時にご家族で一度歩いてみて下さい。

最新情報をチェックしよう!

群馬県桐生市出身のメンバーで構成

エンジニア・料理人・営業・大工などなど様々な経歴を持つメンバー
ただ一つの共通点は桐生市出身ということのみ

CTR IMG